新着情報

美肌の要は血管力!血管を強くすることで肌荒れ知らずになる方法①


 

美しい肌を目指してお肌のケアはしっかりしているはずなのに、なかなか肌の状態がよくならない。

そんな人は「血管力」に目を向けてみてください。

美肌の要は血管力です。血管力が低下していては、いくら肌表面からケアしていても、肌の状態はよくなりません。

健康も美肌も血管から!まずは、血管力をチェックしてみましょう。

 

肌が美しい人は血管力も高い!血管と美肌の関係とは

 

肌の状態を左右する「血管力」とは?

血液は、運動中は筋肉に、勉強中は脳に、その都度必要な場所へ優先的に運ばれるよう調節されています。

調節には、血管のしなやかな拡張と収縮が必要です。

この血流を調節する能力のことを「血管力」と言います。

肌に張り巡らされている毛細血管にも、血流調整は行われているので、

血管力が低下すると、肌の調子が悪くなるのも当然のことなのです。

 

血管力の高い人は美容・健康の悩みが少ない?

ある調査実験では、血管力の弱い人は、頬、腕、脛など、全身の肌あれが起きやすいということがわかっています。

また、血管力の高い人は、

・ストレス度

・冷え性

・血行

・睡眠の質

・疲れやすさ

などに対する悩み意識も低いことが確認されました。

細胞に栄養や酸素などを届け、老廃物などを回収する役目を担う血液を

体のすみずみまで行き渡らせる血管力がなければ、肌に限らず、

さまざまなトラブルに悩まされることになるようです。

 

お肌のシミは血管の状態悪化を示すサイン?

中高年・女性においては、動脈硬化が進んでいるほど、肌のシミが大きくなるという報告もあります。

動脈硬化は自覚症状がないため、気づかないうちに進行してしまい、

・心臓病

・脳血管障害

など重大な病気を引き起こすことにもなりかねません。

 

こんな人は要注意!血管力低下リスクの高い人とは

血管力は生活習慣によっても左右されます。血管にとってよくない生活習慣がないか、チェックしてみてください。

・不規則な食生活

・睡眠不足

・喫煙

・運動不足

・ストレス

・無理なダイエット

・スマホ・PCの多用

・シャワーのみの入浴習慣

 

また、次のような症状が多く思い当たる人は、すでに血管力が低下している可能性大です。

・肩こり

・手足の冷え

・肌のくすみ

・肌の乾燥

・シミの増加

・疲れやすさ

 

現代人の生活には、血管を衰えさせる要因がたくさんあります。

近年、30~40代の若さで脳梗塞や心筋梗塞を発症する人が増えているのも、早くから血管の老化が進んでいるため。

次回は血管力の改善について具体的にご紹介いたします。

pagetop